上白石萌音ドラマ【霊験お初~震える岩~】のあらすじ【宮部みゆき著書】

霊験お初~震える岩~ マンガ・書籍
霊験お初~震える岩~
この記事は約6分で読めます。

当サイトのリンクには広告が含まれている場合があります 】

「霊験お初~震える岩~」が放送されました。

「霊験お初~震える岩~」は、宮部みゆきさん著書の時代劇ミステリーです。

ドラマ好きな人<br>
ドラマ好きな人

「霊験お初~震える岩~」は小説が原作!!そっちも気になるなぁ

小説が原作でして、結構昔の作品ですがこれがかなり面白い

ネタバレなしに気を付けながら、簡単なあらすじやポイントをご紹介します。

この記事で分かること
  • ドラマ「霊験お初~震える岩~」のあらすじ、見どころ
  • 小説「霊験お初シリーズ」の概要、評判
  • ドラマ化にあたり主役のお2人と宮部みゆきさんへのインタビューコメント紹介
\\かなり高評価の宮部みゆき作品//

⇩紙がお好みの人はこちら⇩

¥935 (2024/03/26 10:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
広告
広告

霊験お初~震える岩~のあらすじと原作小説の評判は?

「霊験お初」とは宮部みゆきさん著書の小説です。

霊験お初シリーズとして第二弾まであり、今回ドラマ化される「霊験お初~震える岩~」はシリーズ第一弾の作品です。

簡単に「霊験お初~震える岩~」とはどのようなお話なのかご紹介しますね。

霊験お初~震える岩~概要

舞台: 江戸時代後期の享和2(1802)年、第11代将軍徳川家斉の治世。東京・日本橋通町の一角。

主人公

  • お初(上白石萌音さん): 一膳飯屋「姉妹屋」の看板娘。火事に遭ったことで、霊験(普通の人には見えないものが見えたり聞こえたりする)の不思議な力に目覚める。
  • 古沢右京之介(京本大我さん): 南町奉行所の与力見習。お初の霊験を頼りに事件を解決に導いていく。

あらすじ:

  • 火事で亡くなったはずの男が蘇り、ある事件が発生。
  • お初は霊験で、事件の背後に赤穂浪士討ち入り事件の怨念が渦巻いていることに気付く。
  • 右京之介と共に事件を追うお初は、様々な怪異現象に遭遇する。
  • 謎解きと同時に、お初と右京之介のほんわか恋物語もちょこちょこあり。
  • 巧妙な伏線と謎解き、そして感動的なクライマックスが待ち受ける。

見どころ:

  • 時代背景も詳細で、江戸時代の雰囲気を味わえる。
  • 個性豊かな登場人物たちが物語を彩る。

小説「霊験お初」の評判が気になる!そんなに面白いのか?

小説「霊験お初」の評判が気になりますね!

著者が宮部みゆきさんなので面白いのは間違いないよね~

初版が1997年9月でかなり昔の作品であり、霊験お初シリーズ第二弾の「天狗風」、この2作品でシリーズは完結しています。

シリーズですが第二弾から先に読んでも十分楽しめる内容だそう!(第二弾の評価の方が高め)霊験お初~天狗岩~小説版

霊験お初~天狗岩~小説版

¥1,144 (2024/03/26 10:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

霊験お初は上白石さんと京本さんの初共演作品

上白石さんと京本さんは今作品が初共演だそうで、楽しく撮影されたことがインタビューから伝わってきました!

時代劇での共演も意外だったようですが、お2人とも着物や髪形もとても似合っていますよね。

京本さんは父親が京本政樹さんなので、時代劇への周りの反応も気になるところではないでしょうか。

インタビューでは、作品や主役2人のお互いへの印象など語っています。

上白石さんから京本大我さんへの印象

京本さんは常にフラットで実直な方なので、私自身も無理せずにいられて、現場の居心地がすごくよかったです。右京之介という役にこれ以上ないほどぴったりとハマっていて、だからこそ私も自然とお初になることができたと感謝しています。

引用元: – 映画ナタリー (natalie.mu)

京本さんから上白石萌音さんへの印象

僕はミュージカルに出演させていただく機会が多く、上白石さんもミュージカルに挑戦されている印象が強かったので、いつか舞台の上でお会いすることになると勝手に思い込んでいました。だから、こんな意表をついた形での初共演はビックリ。上白石さんがそのお人柄で現場を柔らかく包み込んでくださるので、毎日楽しく撮影させてもらいました。

引用元: – 映画ナタリー (natalie.mu)

ドラマ「霊験お初~震える岩~」の見どころ

私の思う見どころは、やはりテレビなので小説とは異なり、視覚的な面がいかに作用するかということ。

時代劇という舞台で霊験という能力がミステリーを解決していくってどんな映像になるんだろうってワクワクします!

白石さんも以下のようにコメントをしています。

白石は「現場で撮影したものにVFXで新たな効果が足されるとのことなので、出来上がりはかなり怖い映像になるんじゃないかな。でも怖い部分だけでなく、コミカルだったり、温かかったり、人間の情の深さにスポットが当たるシーンもあったり、とても面白いバランスのドラマになっていると思います」とアピールする。

引用元: – 映画ナタリー (natalie.mu)

VFX(ビジュアル・エフェクツ):「視覚効果」ともいい、撮影後の映像に非現実な演出や、神秘的な映像を追加・制作する過程で使われる技術のこと。

ちょっとホラー要素はありますが、どんな風にこの世界観を映像化するのか興味がありますね。

多分、デコボココンビなんて宣伝もされていたので、コミカルなシーンなどもあるのではないでしょうか。

めっちゃ怖い!ということは無さそうな気がします。

小説と比べるのも面白そうですよね!

著者の宮部みゆきさんのコメントも掲載されていましたのでご紹介します。

著者:宮部みゆきさんのコメント

駆け出しのころ、手探りで一生懸命に書きあげた懐かしい作品が、年月を経て、上白石萌音さんと京本大我さんという、今もっとも新鮮なパワーをお持ちの役者さんに演じていただくことで映像化されました。萌音さん、時代劇でも可愛い! お江戸の不思議ミステリーを、たくさんの視聴者の皆様に楽しんでいただけますよう願っております

引用元: – 映画ナタリー (natalie.mu)

著者のコメント掲載があるのは嬉しいですね!

ミステリーと言えば、の宮部みゆき作品ですから楽しみです。

まとめ:霊験お初~震える岩~は原作からドラマまで楽しめる

『霊験お初シリーズ』調べるとかなり評判がいい。

気になる人は読んでみてください!

\\小説版が最高峰//

ミステリー好きの人にはこちらもおすすめ☟

漫画『裏バイト:逃亡禁止』考察ネタバレ|魅力をアツく語ってみた

漫画『兄だったモノ』最終回はどうなる?考察とネタバレ

気軽に読める!おすすめ3ジャンル【無料】漫画16選