ヒュッゲの特徴まとめ|具体的に何をすればいいの?

ヒュッゲの特徴 暮らし
ヒュッゲの特徴
この記事は約8分で読めます。

当サイトのリンクには広告が含まれている場合があります 】

もはやヒュッゲとは流行りの言葉で無く、心が満たされる暮らしがしたい人にはデフォルトですね。

お悩みガール
お悩みガール

・手っ取り早くヒュッゲの特徴をまとめて教えてほしい

・心が満たされる暮らしがしたいけど具体的には?

このお悩みを解決します。

ヒュッゲの特徴はまとめると結構ありますので項目ごとに分けてシンプルにお伝えします。

ヒュッゲとは、心地よい空間、大切な人との繋がり、シンプルな暮らし、心身の健康、そして日々の小さな幸せを大切にする考え方です。

派手さや物質的な豊かさではなく、日常の些細な喜びに目を向け、心豊かに生きることを目指します。

このガイドでは、ヒュッゲをキーワードに丁寧に暮らすためのヒントをご紹介します。

日常のちょっとした工夫で、誰でも取り入れることができるので参考にしてください!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

すぐに読みたいなら>>>ヒュッゲ「シンプルな幸せ」のつくり方を無料で読む

広告
広告

特徴1. 心地よい空間でリラックス

ヒュッゲな空間

あたたかな光と優しい色合い

例えば キャンドル、暖炉、自然光、パステルカラー

刺激的なものより優しさが優先されますね。

心地よい音色

例えば、雨音、波の音、鳥のさえずり、焚き火の音

自然の音は”ゆらぎ”を感じられ、心地がよいと感じます。

逆に、蛍光灯・電話の音・パソコンの音などは正確できっちりしていますので疲れてしまいがち。

ほっと一息つける香り

例えば、アロマオイル、ハーブティー、コーヒー、焼き立てパン

喫茶店のモーニングなんて最高かもしれません。

嗅覚はダイレクトに脳に影響を与えるところだそうです。

くつろぎのアイテム

例えば、ふわふわのブランケット、クッション、観葉植物、キャンドルスタンド

柔らかいものや毛布って落ち着きますよね。不思議ですが。

自分にとって心が穏やかになれるものを身近に置くことは大切なようです。

自分だけの空間

例えば、読書コーナー、ワークスペース、テラス、隠れ家

誰にも邪魔されない自分だけの場所って誰にでも必要ですよね。

家族がいない時間にテラスでホッと一息つくのってよく分かります。

特徴2. 大切な人と繋がる喜び

ヒュッゲの特徴

心温まるコミュニケーション

 例えば、丁寧な言葉遣い、笑顔、共感、アクティブリスニング

相手が子どもでも誰でも、敬意を持って話すことは大切だとしみじみ感じますね。

話すときの表情(笑顔・うなづく仕草)と共感は本当に大事!

相手が女性ならなおさらな気がします。

共有する時間

例えば、家族や友人との食事、趣味を楽しむ、旅行、語り合い

一緒の時間を過ごして経験と気持ちを共有することは心の繋がりを保つために絶対必要だと思います。

特に子どもが小さいうちから沢山の経験を一緒にすることは、親として重要だと感じますね。

子どもの勉強や生活態度、いずれ来る反抗期にも繋がります。

感謝の気持ち

例えば、手作りのプレゼント、手紙、ありがとうの言葉

伝えないと伝わりませんよね。

自分が役に立ったことの嬉しさは必ず自信になってくれます。

思いやりと優しさ

例えば、ボランティア活動、困っている人を助ける、動物と触れ合う

人の役に立つことをするのって実は自分の為になるのだそうです。

自己肯定感が上がるそうです。

人と人は助け合う生き物ですから、そんな風に出来ているのかもしれません。

繋がりを感じる場所

例えば、カフェ、公園、コミュニティスペース、地元のイベント

誰かとひと時の繋がりを持つことは小さな刺激となって自分をより良くしてくれます。

新しいものを見る・知ることも世界を広げるので大切です。

>>>ヒュッゲ「シンプルな幸せ」のつくり方を無料で読む

特徴3. シンプルで丁寧な暮らし

ヒュッゲの特徴はシンプル

本当に必要なものを見極める

 例えば、断捨離、ミニマリスト、質の高いもの

見極めるには経験も必要ですが。

私の場合、生活に必要なものは質が高ければ高価でも買うけれど、必要でないものはプチプラにしています。

子どもがいるとどうしても物が溜まるのですが、時々ごそっと断捨離するとものすごく気持ちが清々しいですね。

ゆっくりと丁寧に

例えば、料理、掃除、手仕事、散歩

なかなか難しいことも多いですが、意識することが大事かなと。

私は1時間かけてゆっくり散歩をたまにします。

気持ちが晴れやかになりますね。

五感を研ぎ澄ます

例えば、自然に触れる、旬の食材を楽しむ、静寂を味わう

忙しすぎると無理です。

休みの日に、静かな自然たっぷりの公園に行くことをおすすめします。

自分らしさを大切にする

例えば、個性、好きなこと、自分自身への肯定

自分で自分を認めてあげられることがいかに大切かは長く生きていると分かります。

人と同じじゃなくていいんです。

感謝の気持ちで生きる

例えば、小さな幸せ、周りの人への感謝

今日は肌の調子が良いとか、お茶が美味しいとかそんなもんでオッケーらしい。

自分てなんてラッキーな人間なんだ!って感じることが大事なんです。

小さな幸せは塵も積もって大きな幸せを感じさせてくれるもので、

>>>ヒュッゲ「シンプルな幸せ」のつくり方を無料で読む

特徴4. 心も体も健やかに

ヒュッゲな特徴
食事

質の高い睡眠

例えば、寝室環境を整える、規則正しい生活、自分なりのリラックス方法

人生の3分の1は睡眠ですからね。

寝ている間に脳内のいらない物質もお掃除されることが分かっているので、睡眠は本当に大事です。

私はつい寝る前にスマホやテレビを見ちゃうので、出来るだけしないよう気を付けています。

バランスのとれた食生活

例えば、旬の食材、栄養バランス、丁寧な食事

食べたもので身体はできていますから当然といえば当然ですが。

私の場合、料理が苦手なので小難しいことは無理。

なので、300円で購入した蒸し器でその時冷蔵庫にある野菜(キャベツとか人参とか)を少しずつ切って電子レンジでチンしただけの蒸し野菜を毎日食卓に出しています。

超簡単なのに美味しいからおすすめですよ!

適度な運動

例えば、ウォーキング、ヨガ、ストレッチ、スポーツ

私は運動が苦手です(笑)

なので、散歩やウォーキングをちょこちょこしています。

あとは、スクワット!手軽で効率の良い筋トレなのでおすすめです。

心の健康

例えば、瞑想、ヨガ、マインドフルネス、自己肯定感

人間関係が大きく関わってくるかなと思います。または仕事のこと。

私は家でも仕事のことを考えちゃったりしたので心が休まっていなかったんですよね、今思うと。

瞑想やマインドフルネスは頭を空っぽに出来るのでトライしてみるといいかも。

私は一人でひたすら散歩をすると無になれるのでそれが心の健康に大いに役立った感があります。

自分の方法を見つけてみて下さいね。

自然との触れ合い

例えば、公園、森林浴、ガーデニング、ハイキング

自然の中に行くとマイナスイオンがなんたらってよく言いますけど、実はそれよりもゆらぎの効果を得られやすいので心が落ち着くようです。

自然の中で軽く運動(ハイキングなど)するとさらに良さそうです。

近くの静かな公園に行ってみるだけでも効果的ですよ。

>>>ヒュッゲ「シンプルな幸せ」のつくり方を無料で読む

特徴5. 日常に小さな幸せを見つける

ヒュッゲな特徴

好きなことに没頭する

 例えば、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞、趣味

この何とも言えない楽しさはたまらないですよね。

趣味を複数持つと長寿にもなるそうですし!

趣味が無いという人はこちらの記事を読んでみて下さい。

新しいことに挑戦する

例えば、 料理、旅行、スポーツ、習い事

大人になると、新しいことを始めるのってハードル高いですよね。

手軽な新しいレシピを試す・行ったことない地方に行ってみるなんてどうでしょう?

新しい自分に出会えそうです。

小さな喜びを味わう

 例えば、美味しい食事、美しい景色、友人との会話

先にも似た項目がありましたが、小さな幸せの積み上げがいくつあるかで人生の楽しさが変わると思います。

ですので、小さな幸せを見逃さないように余裕を持つことも大切なのかもですね。

今この瞬間を大切にする

例えば、マインドフルネス、瞑想、深呼吸

今のこの1分1秒の積み重ねで人生が出来ているわけで。

今この時の最良と思える時間を過ごしていれば、振り返ったとき後悔無いものになると思います。

忙しすぎるならたまに立ち止まってみて深呼吸すると良いですね。

まとめ:できることから始めてヒュッゲな暮らしへ

ヒュッゲは、人生をより豊かに、そして幸せに生きるためのヒントを与えてくれます。

このガイドで紹介したキーワードを参考に、あなただけのヒュッゲを探求してみてください。

少しずつね
少しずつね

できることからでも取り入れてみると人生変わりそう!

今回はここまで。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

>>>ヒュッゲ「シンプルな幸せ」のつくり方を無料で読む

気軽に読める!おすすめ3ジャンル【無料】漫画16選

「君と宇宙を歩くために」感想とネタバレ【祝マンガ大賞2024】